STAR FLAVOR BLOG
イラストレーター・漫画家 兼房 光のブログ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SF3Dは謎だった
2010年 09月 05日 (日) 16:53 | 編集
横山宏さんのサイン会に行って、「SF3D クロニクルズ」を買ってきた。
現在37歳の僕の同年代の人にはとても懐かしい物なんだろうけど、僕には初めての内容です。
SF3D連載当時、小学生だった僕はホビージャパンをほとんど見たことが無かった…。

当時はプラモブームだったから、当然模型誌という物にはもの凄く興味があったんだけど、小学生の僕には高くて手が出なかったし、買ってる友達もいなかった。
そこで普通は立ち読みをするところなんだけど、僕が住んでたド田舎には本屋は一軒、凄く小さいのがあるだけで、そこは立ち読み厳禁でおじいさんが常に見張ってるから、ちょっとだけ見ることも不可能でした…。
(ちなみにプラモ屋なんか無いです。そんなのが遠くの町にはあるらしいと伝説として聞く程の田舎)

そんな状況だったので、初めて店頭でSF3Dキットを見た僕には全く情報が無く、

「外国のプラモ?輸入物だから高いん?」
「NITTOって書いてあるけど、輸入した会社ってこと?」
「なんで箱開けられんの?何が入っとるん?」
「セメダインでくっ付くん?」

って感じで、パッケージは凄くカッコイイと思ったけど、こんなにも正体不明で高価な物を試しに買ってみるようなことはできなかった。
そんな僕みたいなのが多かったのか、うちの田舎にはほんの少ししか入荷されず、店頭に置かれたのは最初の頃のスーツ系だけで、クレーテとかの大きいのを見ることは無かったです。
その後、高校生になって初めて購入(文房具屋で発見)
その頃は何かで読んで、あれは外国のプラモではなく、横山宏さんのデザインした物だと知ってました…。



そんな昔を思い出しながら本を見てたら、なんだか悲しくなりました。
当時、こんなにもカッコイイ物があったのに、知ることができなかった自分はなんて不幸なんだろう!!
copyright (C) STAR FLAVOR BLOG all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。